室内犬もちゃんとフィラリア予防しましょう

 

フィラリアが原因でペットが亡くなることは、昔と比べるとだいぶ減ったと思います。
とはいえ蚊がいなくなったわけではないので、まだ少なからず感染し亡くなってしまうペットがいるのは事実。
春から夏、秋の始まりにかけては、しっかりとフィラリア予防をすることが重要となります。
室内犬であればフィラリアのリスクは減りますが、それでも散歩中に蚊に刺されてしまう可能性もゼロではありません。
ですのでたとえ室内犬であっても、フィラリア予防をしてリスクを無くすことが重要になります。
最近は優れた蚊の殺虫剤なども販売されていますが、それだけでは安心できません。
動物病院でフィラリア予防の薬をもらうことができます。

 

 

大事な犬の命を守るためのフィラリア予防

20年前に実家で飼っていた犬は、フィラリアに感染し死んでしまいました。
とはいっても私はまだ小さく記憶がないのですが、恐らく犬は苦しかったのだと思います。
当時はまだ画期的な薬がなかったけれど、今は薬を飲ませればフィラリア予防ができる時代。
だからこそちゃんとフィラリア予防をして、あの時のような苦しみを犬に与えないようにしなければなりません。
でも、フィラリア予防の薬を飲ませること自体に抵抗を感じてしまう方もいますよね。
私も犬の体に負担がかかるのではないか?と心配でした。
でも様々な予防注射をするように、フィラリア予防も犬の命を守るための大事なお薬。
毎年時期が来たらちゃんと与えるようにしています。